検索
  • Takahiro Nomura

VR沼に入る。

20年ほど前だろうか、まだスマホの形ができていない頃だったかと思うけれど、この先は人工知能やVRと環境と医療関係のビジネスを目指せば必ず食いぱぐれないと、若い人に言っていたが、今現在、やはりそういう時代になったかと思う。

「環境」はいわゆるECO、CO2削減や廃棄物処理などなどに限らず、都市設計や街おこしとか、人々が快適に過ごすアメニティ整備も指す。

医療はIPS細胞などの発見もあり、生命を救うための応用技術や新発見を指す。

最後に人工知能やVRだが、

これは今や誰しもが口にするようになったしこの先のトレンドでシンギュラリティ、技術的特異点を語る人もいて、人間の知能を超える時代がやってくるというものだ。

その中で出発の時代が「今」である。





日本においては人口は減少傾向であり、産業も現在が45度右肩あがりというわでなく、 

ムードや生活においては 田中康夫氏が1980年に発表した

「なんとなくクリスタル」といった感じである。


さてVRだけれども、2016年のVR元年から早3年。昨年の夏にVR関係のセミナーに出たけれど、まあこんなもの?? と落胆。

アドビのPremiereの使い方少しとAEとGEAR VRで、うんとこどっこいしょ的なセミナーに出席した。 テクニカル的にはヒントやモチベーションとして、VRができそうに思えてきたきっかけとなった。 高額なセミナーだったけど、内容はかなり一般向けだった。


物事というのは 思い切りが必要であるというが、自分を今追い込んでいる最中なのである。

新時代令和の今上天皇 徳仁(きんじょうてんのう なるひと)殿下は59歳。

同じような年齢だけに心強い。

まだまだ頑張らねば。

どうぞ お見知りおきを!


#VR #AI 

 

2回の閲覧

お問合せ

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Vimeo Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon